食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

カキ

福岡県は全国1位の甘柿の産地です!!

カキレシピ

「カキのシナモントースト」

きのこの炊き込みご飯

甘いシナモンの香りと風味が柿と相性ばっちり!ナッツの風味と食感をアクセントにどうぞ!

カキ ……… 2個
食パン ……… 2枚
クルミ ……… 20g
クコの実・かぼちゃの種 ……… 適量
ハチミツ・シナモン ……… 適量

<材料:2人分>

作り方
  1. カキは皮を剥き、薄切りする。
  2. 食パンの上に(1)を並べ、クルミなどのナッツ類をのせてトースターで焼く。
  3. こんがり焼き色がついたらハチミツ、シナモンをかけていただく。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

カキの選び方

 カキはヘタが緑色でイキイキとしたもの。皮にツヤがあり、色が濃く、均一なもの。カットした際は、切り口に酢やレモン汁をかけると変色を防止できます。

カキの保存方法

 ポリ袋に入れ、ヘタを下にした状態で冷蔵保存

カキの旬

 9〜11月

【カキパワー】ビタミン補給!

 カキはビタミンCが豊富で100gあたりではみかん、グレープフルーツの約2倍量を含みます。ビタミンCはコラーゲン生成を促し、美肌効果、新陳代謝を活発にし、風邪予防、疲労回復効果が期待できます。

 カキの渋味はタンニンの一種シブオールによるもので、血圧を下げる効果があると言われております。

 また、アルコールを分解する酵素が血中アルコール濃度の上昇を抑える働きがあります。

 カリウムとの利尿作用との相乗効果で二日酔いがつらい時にも役立ちます。

カキの民間療法

●カキの若葉にはビタミンCがたっぷりと含まれています。

 昔の人はお茶にして飲み、風邪予防に利用しておりました。

 また、消化器官の内出血を抑える働きもあると言われております。

●カキのヘタはしゃっくりの特効薬!

 カキのヘタを含む漢方薬を「柿蒂湯(していとう)」と言い、配合生薬は、カキのヘタ、クローブ、生姜の3種類。これを土瓶で煮詰めて飲むというシンプルな処方です。

 胃を温め、しゃっくり、嘔吐、咳を止める効果として用いられます。カキのヘタは「気」の塊を引き下ろしてしゃっくりを止める働きがあります。

【カラダによく効く食べ合わせ!】

カラダによく効く食べ合わせ!

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ