食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

みかん

柑橘類の中でもっとも出荷量の多いのが『温州みかん』です!

みかん

「ホットみかん」

ホットみかん

 みかんは体を冷やす傾向がある為、皮ごと焼いていただく「焼みかん」やみかんジュースを温める「ホットみかん」の摂取方法が、オススメです。
 その際は、生姜やシナモンなど、カラダの芯から温める効果のある食材と合わせて摂取しましょう!
 その他、クローブなどのスパイスを加えたり、くず粉でとろみをつけていただくのも効果的です。

温州みかん ……… 2〜3個
ハチミツ ……… 大さじ2
シナモンスティック ……… 2本
すりおろし生姜(シナモンパウダーでもOK) ……… 小さじ2

<材料:2人分>

作り方
  1. みかんは果汁を搾る。すりおろし果肉を入れても◎。
  2. (1)、ハチミツ、シナモンスティック、おろし生姜、水100ccを加えて温める。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

温州みかんについて

 鹿児島原産。江戸時代初期に中国から伝来したみかんから偶然見つかったと言われる品種。

みかんの選び方

 切り口が小さいもの。果皮の色が濃く、ハリがあるもの。形が扁平で、皮のブツブツが小さくハッキリとしていて、重みがあるものを選びましょう。

みかんの保存方法

 風通しが良く、涼しい場所で保存。

みかんの旬

 11月~3月

【 みかんパワー 】美肌づくりに!

 冬の果物の代名詞と言えるほど身近な温州みかん。
 果肉には、ビタミンAやビタミンCが豊富で、風邪予防、肌荒れ予防効果が期待できます。
 薄皮の白い部分には、動脈硬化予防に働くルチンが含まれてい ます。出来るだけ栄養素を余すことなく、まるごと摂取しましょう!

【ビタミンカラー「オレンジ」】

  1. 食欲増進効果
    オレンジは胃腸を刺激し、食欲増進効果が期待できます。キッチンや食卓にオレンジを取り入れると、食事も美味しく楽しくなるため、飲食店の内装にもオレンジ色がよく使用されています。
  2. 社交的で気分を上げる効果
    解放的な気持ちを促進させ、人と関わる事が楽しい気持ちにさせてくれる働きがあります。
  3. ポジティブ志向
    輝く太陽のようにネガティブな事を寄せ付けず、いつも明るい気持ちでいれます。他の人も元気になるようなパワー溢れる色です。

【カラダによく効く食べ合わせ!】

※ストレスを受けるとビタミンCが消費されます。

カラダによく効く食べ合わせ!

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ