食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

お米

精米仕立ての美味しいご飯は甘味があり、みずみずしく、炊き上げると粒がたってふっくらつややか!

お米レシピ

土鍋で炊く生姜ごはん:4人分

土鍋で炊く生姜ごはん

……… 2合
生姜 ……… 40g
青じそ ……… 4枚
だし汁 ……… 適量
A 醤油・酒 ……… 各大さじ2
みりん ……… 大さじ1
作り方 ※お米は洗って30分以上浸水させる
  1. 生姜はみじん切り又は千切り、青じそは千切りする。
  2. 土鍋に米、生姜、だし汁、Aを加えて強火にかけ、土鍋の穴から湯気が出てふつふつとなったら、中弱火で約12炊く。最後10秒強火にしてコゲを作り、火を止めて10分蒸らす。
  3. よく混ぜて茶碗によそい、青じそを散らす。
シンプルに生姜の香りと風味、お米の美味しさを楽しめるごはんです。お好みでキノコ、サツマイモ、小豆などを加えてください。

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

炊いたごはんの保存方法

 炊いたご飯は、冷凍・冷蔵ともにできます。
 冷凍する場合は、きっちりとラップに包み、できるだけ平らにして冷凍保存しましょう。
 ラップに包む際は、湯気がたった状態で湯気ごとラップに包み、粗熱をとって冷凍するとお米の香りも一緒に冷凍できます。
 水分がとぶとパサついてしまうので、炊いてすぐ冷凍がベストです

お米の保存方法

 お米は、貯蔵する温度を10℃下げることで、酸化する速度を半分近く遅らせることが出来ます。冷蔵庫の野菜室で保管がベスト!常温より2倍も美味しさが持続されると言われています。


【お米パワー 】お米の炭水化物は脳の司令塔!

 お米の主成分である炭水化物は、カラダ作りに欠かすことができない三大栄養素の一つ。カラダの中でブドウ糖に分解され、エネルギー源として利用されます。脳を働かせる唯一のエネルギー源がこのブドウ糖であり、お米は重要な成分を多く含んでいる食材です。

 その他、血や筋肉など身体形成に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルも含まれていて、栄養バランスの良い食べ物です。

 私たち人間が活動するために十分なエネルギーを得て、健康的な毎日を過ごすためには、お米を中心としたバランスの良い食事をとることが大切なのです。

【ごはん食の魅力 】

 ごはんは、小麦などの粉からできているパンや麺類と違い、粒のままで摂取する為、ゆっくり消化・吸収されていきます。

  1. お腹がすきにくく、腹持ちが良い
    →間食が少なくなる
  2. 体に脂肪を溜めるホルモン分泌がゆるやか
    →体脂肪の蓄積が抑えられる

 ごはんを食べないとインスリンが不足し、血糖値を下げることができなくなります。高血糖状態となり、脂肪生成量が逆に増加します!毎日ごはんを食べましょう!


【日本型食生活の魅力】

◆ごはん中心の食生活を!
炭水化物が豊富なお米に、タンパク質が豊富なおかずを合わせた和食の献立は、栄養面から見てもとても優れています。欧米型の食生活が中心になっている現代ですが、最近の健康ブームを受けて、日本型のお米中心とした食生活が見直されてきています。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ