食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ブロッコリー

福岡産のブロッコリーは、大きくしまった緑色の花蕾が特徴!茎まで美味しくいただけます。

ブロッコリー

ブロッコリーと海老のチーズペッパー煮

ブロッコリーと海老のチーズペッパー煮
豪華に見えて、とっても簡単なレシピ。
海老の代わりにホタテや牡蠣を加えても美味しくいただけます!

ブロッコリー ……… 100g
むき海老中 ……… 6尾
玉ねぎ ……… 1/2個
赤ピーマン ……… 1個
にんにく ……… 1片
米粉 ……… 小さじ1
牛乳 ……… 150cc
クリームチーズ ……… 50g
オリーブオイル ……… 大さじ1
塩・黒胡椒 ……… 各少々
作り方
  1. ブロッコリーは小房にし、熱湯で塩ゆでしてザルにあげる。海老は塩を振って米粉(分量外)を薄くまぶす。
  2. 玉ねぎは薄切りし米粉をまぶす、赤ピーマンは細切り、にんにくは薄切りする。
  3. フライパンににんにくとオイルを入れて火にかけ、香りが出てきたら海老を炒め、一度取り出す。続けて玉ねぎ、ピーマンを炒め、次に牛乳、クリームチーズ、海老、ブロッコリーを加えて塩・黒胡椒で味を調える。

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

ブロッコリーの選び方

 ブロッコリーは色鮮やかで濃い緑色のもの。つぼみの粒がそろっており、きっちりと詰まっているもの。切り口がみずみずしいものを選びましょう。

ブロッコリーの保存方法

 ポリ袋に入れるか、ラップで包み、冷蔵庫の野菜室に立てて保存。

◆ブロッコリーの旬◆

11月~3月頃

【ブロッコリー】風邪予防に!

 ブロッコリーは、βカロテンとビタミンCが豊富。その含有量はキャベツの4倍とも言われています。ビタミンCには風邪予防、ストレスの緩和、お肌を正常に保つ効果があります。
 また、血圧を下げる働きがあるカリウム、骨の形成に役立つカルシウム、貧血を予防する鉄分、カルシウムの摂取を助けるビタミンKなども多く含みます。

【ブロッコリーは茎も食べよう!】

 ブロッコリーの茎は、つぼみ部分よりもビタミンC、食物繊維、βカロテンが豊富に含まれています。茎部分は甘味が強く美味しいので、スープや炒め物、きんぴらなど色んな料理に使いましょう!

茎の処理方法

 ブロッコリーの茎をまな板に立てて真上から皮をそぐようなイメージで包丁を入れていく。皮を取り除いたら、食べやすい大きさにカットして茹でたり、炒めたりしていただきましょう。


ブロッコリーの茎の周りの部分は
硬いので包丁でカットして
取り除きます

【ブロッコリーで生活習慣病予防⁉】

 アブラナ科野菜は、全般的に抗がん作用が高いと言われていますが、なかでも特に注目されているのが「ブロッコリー」です。アメリカの国立がん研究所が作成した「がん予防が期待できる食べもの」にも上位にランクされています。

 ブロッコリーに含まれる“スルフォラファン”という成分に抗酸化作用、がんを抑制するという報告があります。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ