食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ブルーベリー

ブルーベリーは、夏に色づく甘酸っぱく爽やかな果実。栄養も豊富です!

ブルーベリーレシピ

ブルーベリーとハニートマトのシャーベット

ブルーベリーとハニートマトのシャーベット

ヨーグルトはコーヒーフィルターやザルに入れて4時間以上水切りしてください。水切りした方がより濃厚でとろりとした食感です。

ブルーベリー ……… 100g
砂糖 ……… 大さじ3
水切りヨーグルト ……… 200g
(400gを水切り)
ミニトマト ……… 6個
ハチミツ ……… 大さじ2
ミント ……… 適宜

<材料>

作り方
  1. ヨーグルトに砂糖を加えて混ぜ、容器に入れて冷凍する。1時間後にフードプロセッサーで攪拌させ、さらに冷凍庫に入れて冷やし固める。
  2. ミニトマトを湯むきし、ハチミツに漬け込む。
  3. (1)をさらによくかき混ぜ、器に入れて、(2)、ブルーベリー(分量外)、ミントを飾る。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

ブルーベリーの選び方

濃い紫色でシワがなく、ハリのあるもの。
果物の表面についている白い粉を『ブルーム』と言い、乾燥や病気から自身を守るためにブルーベリー自身が出しているものである。このブルームがついているものの方が栄養素も守られ、日持ちする。

ブルーベリーの保存方法

乾燥させないようにポリ袋等に入れ、冷蔵庫にて保存!
長く持たせたい場合は、冷凍保存が良い。鮮度が落ちやすいので、できるだけ早めに食べましょう!

【ブルーベリーのパワー】若返り効果!

 ブルーベリーには、ポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれています。
 アントシアニンは抗酸化作用があり、活性酸素を取り除くため、ビタミンEとともに生活習慣病予防の効果が期待できます。また、ブルーベリーは果実をまるごと食べる為、食物繊維を豊富に摂取できます。
 食物繊維が豊富と言われているバナナの2倍以上の含有量になります。食物繊維は整腸作用、便秘解消、大腸がん予防に役立ちます。

【ブルーベリージャムを作ろう!】

※少量で作りたい場合は、電子レンジがオススメ!

<材料>
ブルーベリー ……… 200g
砂糖 ……… 80g(※果実の40%の重量)
レモン果汁 ……… 10cc
<作り方>
  1. 耐熱皿にブルーベリー、砂糖を全体にかける。
  2. 600Wの電子レンジで約2分加熱する。
    レンジから取り出し、レモン果汁を混ぜ合わせる。
  3. 加熱殺菌した容器に入れて保存。

【ブルーベリーの食べ合わせ】

 ブルーベリーに含まれるアントシアニンは抗酸化作用があり、たんぱく質は肌を作る働きがある。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ