アキバ博士の食農教室「食の知恵と文化」

サツマイモを食べ「プッ」なぜ?

サツマイモは腸のぜんどう運動を多くする
(C)こぐれ けんじろう・画

ぜんどう運動が原因

 サツマイモの季節になったね。ふかした芋はほくほくで甘くておいしくて大好き……「プッ」おっと失礼。おならが出ちゃった。サツマイモを食べると、おならが増える気がするけど、なんでかな?

 サツマイモの話をする前に、おならのメカニズムについて教えるね。おならの素ができるのは、体内に入ってきた食べ物を消化する、胃や小腸、大腸などの消化管。これを伸ばしたり縮めたりする、ぜんどう運動をしながらお尻まで運ぶと、胃腸の中にある細菌からガスが発生するんだ。これがおならのもと。

 サツマイモの主成分はでんぷんで、口の中の唾液で分解して、胃腸で消化、吸収する。同じようにでんぷん質の米や小麦と比べると、このスピードが遅いのが特徴さ。

 消化が遅いと、胃腸が伸び縮みしながらサツマイモを推し進めるぜんどう運動の量が多くなるよ。入ってきたものをきちんと消化しなくちゃと、胃腸も頑張るからね。ぜんどう運動するたびに、消化管の中ででガスがどんどん発生するから、おならが出やすくなる、というわけ。

 さらに、サツマイモのでんぷん質は、食物繊維の量が多いのも、おなら生産に拍車をかけるよ。食物繊維には、ぜんどう運動を活発にするはたらきがあるからね。蒸したサツマイモとご飯を比べると、食物繊維の量は10倍ほど多くなるんだ。便秘にも効果的だよ。

 実は、サツマイモを食べた後にでるおならは、あまり臭くないって知ってた? サツマイモを消化する時に発生するガスの種類は炭酸ガスで、臭さの素になるアンモニアがほとんど含まれていないからさ。おならを我慢すると、お腹にガスがたまって体によくない。恥ずかしがらずに、「プッ」とやってみよう!

 

(取材協力=東京農業大学・津久井亜紀夫客員教授)

アキバ博士の食農教室
学ぶ
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA直売所まっぷ