学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

生き生き野菜を出荷 JAみい農産物直売所「めぐみの里」 池田晶さん

農業に意欲的な池田さん
農業に意欲的な池田さん

 日差しの差し込む明るい店内に、地元産の新鮮野菜や色鮮やかな切り花、手作り農産物加工品が並ぶJAみい農産物直売所「めぐみの里」。その中でも、一層生き生きとしたホウレンソウの作り手が、池田晶さん(47)。

 池田さんの就農は5年前。以前から営む鉄鋼業を続けながら、ホウレンソウ、オクラ、キャベツを主とした野菜を出荷している。

 こだわりは、化学肥料をほとんど使わず、堆肥だけで作ること。堆肥だけで作ったホウレンソウの葉は、幅が広く丸々とした形で、裏側を見ると葉脈がしっかりと出てピカピカと光っている。ここが池田さんの最も好きなところだそうだ。甘さが強く、えぐみの少ないことが印象的で、味付けをしなくてもおいしく食べられる。

 めぐみの里に出荷する魅力は、自分の名前で野菜を売ることができ、お客さんの反応を近くで感じられること。もともと農業をしていた人も多く「より質の良い物を」と野菜を見る目も厳しいという。

 池田さんの今後の目標は消費者目線での一層の品質向上だ。地域密着型の直売所ならではの新鮮な味が、より多くの消費者に届き、食卓を豊かに彩ることを期待したい。

 

大学生記者 中村学園大学大学院 北古賀優紀さん
大学生記者 中村学園大学大学院 北古賀優紀