学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

パウンドケーキ評判 JA福岡京築「採れたて市場」 尾越さん夫妻

尾越さん夫妻の思いがケーキの味に
尾越さん夫妻の思いがケーキの味に

 周りを田んぼや住宅に囲まれ、地域の中心となっているみやこ町勝山のJA福岡京築「採れたて市場」は、新鮮な野菜や果実を求め、たくさんの人でにぎわっている。

 今回は、この直売所にJA管内で取れたイチジクジャムを使ったパウンドケーキを出荷している、尾越悦美さん(61)、明子さん(60)夫妻を取材した。

 尾越さん夫婦は、イチジクのパウンドケーキを丹精して作っている。もともとチーズケーキや、国内産の米粉を使ったロールケーキなどを作っていたが、地域の特産品を加工した商品を開発できないかと考えていた。

 4年前、JAから京築産イチジクジャムを使った商品開発の話を持ち掛けられ、商品開発が始まった。すぐに思いついたのが、パウンドケーキだったという。

 イチジクジャムを練り込み、時間をかけ丁寧に焼くことで、ふんわりとした食感を出している。初めは、生地の配合が難しく大変なことが多かったが、改良を重ね今のパウンドケーキがある。作るのは大変だが、消費者からの「おいしかったよ」という声がうれしいと話す明子さん。食べてみるとふんわりと優しい味がした。

 今後は、もっと地域の農産物を使った商品を開発したいと夢を膨らます。原材料は高騰したが、商品は値上げしたくないという、消費者思いの夫妻が作るケーキをぜひご賞味ください。

 

大学生記者 福岡教育大学 濵田賢人さん
大学生記者 福岡教育大学 濵田賢人