学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

手作りまんじゅう人気
JAふくおか八女「よらん野」 江崎美笑子さん

江﨑美笑子さん
素材の味を大切に愛情込めて作る
こだわりのまんじゅうを手に笑顔の
江崎さん

 広々とした明るい店内に、地元産の野菜や総菜が並ぶJAふくおか八女「よらん野」。今回取材したのは「よらん野」に手作りまんじゅうを出荷する江崎美笑子さん(59)。

 八女市内の直売所オープンをきっかけに、昔ながらのまんじゅう作りを始め、手作り工房「あ・ら・か・る・と」を立ち上げた。今年で20年目になる。

 江崎さんは「いきなり団子」「じゃがいもまんじゅう」「おはぎ」の3本柱に加えて、栗やサトイモなど旬の素材を使ったまんじゅうやフルーツ大福を3、4種類作っている。特に興味をそそられたのは「じゃがいもまんじゅう」。しょうゆ味のジャガイモが、もちもちの皮で包まれている八女地域伝統の味だ。初めて食べたが、ほっとするような素朴なおいしさだった。

 おいしさの秘密は素材へのこだわりにある。生地には小麦粉の味を感じられる筑後産の地粉を、塩は天草の天日干しのものを使っている。また、ジャガイモやサトイモも自家栽培にこだわっている。

 JAイベントでは、食育体験の講師も務め、旬のフルーツで簡単にできる大福は参加者にも好評だ。

 新商品の開発にも意欲的な江崎さん。旬の素材を生かした、こだわりのまんじゅうをぜひご賞味ください。

 

福岡女子大学 大宅梨香さん
大学生記者
福岡女子大学 大宅梨香さん