学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

宗像市トマト栽培 天野淳一さん
水耕栽培の安定供給へ


「経営のこと、トマトの水耕栽培のことなど、まだまだ勉強することがたくさんある」と笑顔で話す天野さん

 今回取材したのは宗像市でトマトを栽培する天野淳一さん(32)。三つのハウス合わせて計57アールで年間約100トンのトマトを出荷する。

 元々家が農家だった天野さんは、学生のころから両親のように、やりがいのある仕事をしたいと考えていた。家族で農業を続けていくためには経営についても学ばなければと、大学は経済学部へ。

 その後スーパーに就職し、野菜の売り方などを学んだ後、農業について専門的に1年間学び就農した。

 こだわりを聞くと「きちっとした品質のものをコンスタントに作っていきたい」と語った。

 天野さんは、安定的な供給のために植える時期をずらして1年中トマトが収穫できるように工夫している。昨年から始めたという水耕栽培だが、ハウス内は私たちの背丈よりもはるかに高くまで伸びたトマトが一面に広がり、圧倒された。

 今後の目標は、水耕栽培のハウスでの生産を安定させること。また、自分が子どものころ、両親と過ごすことが当たり前だったため「自分も子どもと過ごす時間を大切にしたい」と話す姿は、とてもすてきだった。

 


大学生記者
福岡女子大学 田中李歩さん